Ruddy
Ruddy Fly, Berners

フライフィッシング用語辞典

Fly Fishing Dictionary


Midge
Midge Flies
   
ホワーリング・ダン whirling dun:英語 《昆虫》
 ぐるぐる回る、ダン。イギリスでは17世紀にチャールズ・コットンがホワーリング・ダンと呼んだカゲロウは何か、ということが議論されてきたが、現在でも結論がでていない。
 コットンの記載は「4月の12日ごろになるとホワーリング・ダンと呼ばれる羽虫が現れます。このフライは毎日お昼ころになると食われ始め、それが月末まで続き、その後は断続的に6月の終わりまで続きます。ふつうは子ギツネの皮膚近くの灰色のファーでボディをつくり、イエロー・シルクでリビングをつけ、ウィングにはマラードの薄いグレーの羽を使います」となっている。アルフレッド・ロナルズはその著書"The Fly-Fisher's Entomology"(1836)でホワーリング・ブルー・ダンを記載し、フタバカゲロウCloeonの仲間と書いているが、ハリスはそのカゲロウはBaetis rhodaniだろうと述べている。また、トビイロカゲロウ属Leptophlebiaまたはマダラカゲロウ属Ephemerellaのどちらか、という意見もある。謎の多いカゲロウで、すべては時間の霧のかなたにあると言っていいだろう。
 アメリカではマダラカゲロウ属のEphemerella subvariaやトビイロカゲロウ科、レプトフリービア属Leptophlebiaがかつてホワーリング・ダンと呼ばれていた。
【資料】釣魚大全U, 1998 (1676). The fly-fisher's entomology, 1921 (1836). An angler's entomology, 1952. Hatches II, 1986. Matching the hatch, 1955.
→ホワーリング・ダン(フライ)、レプトフリービア属
 
マーシャル Martial:英語 《人》
 マーシャル(マルティアーリスMartialis)はスペイン生まれのローマの詩人で、釣り人。ウィリアム・ラドクリフWilliam Radcliffeは著書"Fishing from the Earliest Times、もっとも古い時代の釣り" (1921)の中で、マーシャルの書いた詩の中にフライを使って魚釣りをした記述がある、と書いている。その詩は:
Namque quis nescit               Who has not seen the scarus rise,   
Avidum vorata decipi scarum musca?   Decoyed and killed by fraudful flies?
 
見ましたか? 
その魚が浮き上がってきて
あざむきの羽虫に騙されて、釣られてしまったのを。
 
 これは、A.D. 50年頃の記述であり、記録に残るフライフィッシングの最も古いものの一つとされている。ジュリアナ・バーナーズの本が出る1400年前である。
【資料】Fishing from the earliest times、1921。Trout (Schwiebert), 1978. The fly, 2001.
→フライ・フィッシング、ジュリアナ・バーナーズ
 
マスキング・ハッチ masking hatch:英語
 "mask"は覆う、覆い隠す、という意味で、覆い隠している羽化。スウィッシャーSwisher/リチャーズRichardsは名著"Fly Fishing Strategy" (1975)で、水生昆虫が羽化していて鱒がライズを繰り返している状況で、見えている水生昆虫のイミテーション・フライを投げても釣れないことがある。そんな時には、別の水生昆虫が同時にハッチしていて鱒はそちらだけを食べていることがある。たいていは前者の水生昆虫が大きくて目につきやすく、後者は小さくて目立たない。その場合、大きくて目立つハッチをマスキング・ハッチ(覆い隠す羽化)、小さくて目立たないハッチをインビジブル・ハッチinvisible hatch(見えない羽化)と呼んだ。つまり、大きくてハデな水生昆虫のハッチに惑わされないようにすべきだと彼らは言っているわけである。
 2種類の水生昆虫が羽化する状態を彼らは複合ハッチcompound hatchコンパウンド・ハッチと呼んでいるが、複合ハッチにはもう一つ、ミミッキング・ハッチと呼ぶべきものがあることを彼らは指摘している。なお、インビジブル・ハッチはヴィンセント・マリナーロがヒドゥン・ハッチhidden hatchと呼んだものと同じもの。
 確かに現実の川では単一のハッチよりも複数のハッチが起こることの方がむしろ自然だろう。このような状況があるからこそ、釣り人はフライフィッシングにのめり込んで抜き差しならなくなってしまうのだ。
【資料】Fly fishing strategy, 1975. フライ・フィッシングの戦術, 1980. A modern dry fly code, 1950.
→インビジブル・ハッチ、ミミッキング・ハッチ、ヒドゥン・ハッチ、複合ハッチ
 
 
 
もくじ
もくじ


Top
Top
赤石沢川、静岡県
赤石沢川、静岡県
Next
Next