Detached
Detached Greeen Drake, Halford

フライフィッシング用語辞典

Fly Fishing Dictionary

Detached
Detached Olive, Halford
   
ア・フライフィッシャーズ・ライフ A Fly Fisher's Life:英語 《本》
 シャルル・リッツCharles Ritzが自分のフライフィッシングのすべてを書いた本。書名の和訳:あるフライフィッシャーの人生。
 1953年にフランス語で"Pris sur le Vif、現場からの報告"という題で発表され、1959年には加筆されて英語で「ア・フライフィッシャーズ・ライフ」という題で出版された。その後ハイスピード・ハイラインの項を加えた最後の第4版がBodley Head Ltd.から1972年に出版された。副題はThe Art and Mechanics of Fly Fishing、フライフィッシングの美と力学。この時リッツは81歳になっていた。この本は本邦ではティムコ社から柴野邦彦訳で1984年、1997年に発行されている。
 序文はアーネスト・ヘミングウェイ、緒言はアーノルド・ギングリッチが書いている。結びは印象的で、「あなたが天国へ行ったらどうか私に会いに来てほしい。時間を十分にかけて、どこに大きな鱒がいるか調べておこう・・・」 と。
 また、「私は魚釣りのスポーツ的な価値というのは、その魚の大きさや重さによるのではなく、その釣りが釣り人に要求する集中力、熟練度、巧みさといったものの中にあると思う。何にも増して私がグレーリング釣りを好む理由は・・・」という記述には彼の釣りに対する考え方があらわれている。
 この本には特筆すべき部分が2点ある。ひとつはキャスティング理論の項であり、彼が考案して確立したハイスピード・ハイラインの詳細が述べられていること。いまひとつはロッド・アクションの項で、パラボリック・アクションおよびロングフレックス・ロングリフトの理論が述べられていること。この2点が近代フライフィッシングに大きな影響を与えたことは言うまでもない。
 影響力の大きさから言えば、この本は20世紀に書かれたフライフィッシングに関する本の中でトップランクに入るだろう。
【資料】ア・フライフィッシャーズ・ライフ, 1984 (1972). A fly fisher's life, 1996 (1972).
→シャルル・リッツ、ハイスピード・ハイライン、ロングフレックス・ロングリフト
 
 
もくじ
もくじ


Top
Top
谷川の水辺
谷川の水辺
Next
Next